HOME » 無料の保険相談窓口を活用しよう » 窓口はどうやって選べばいいの?

窓口はどうやって選べばいいの?

保険相談窓口の選び方

ここ数年、保険相談の窓口が実にたくさん登場しています。保険会社や商品を選ぶ前に、保険相談窓口を選ぶのに悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

いくつかの保険相談窓口に依頼するにしても手間と労力がかかりますし、その手間や労力があるなら保険会社を決めて商品を教えてもらったほうが効率はいいかもしれません。

ただ、複数の保険会社の商品を見比べて自分に適したものを探せるのが保険相談窓口を利用するメリットです。

できるだけ効率よく保険相談窓口を見つけるには、どんな点をポイントとすればよいのでしょうか。選び方のポイントをいくつか紹介しましょう。

店舗数の多い保険相談窓口を選ぶ

店舗数が多い保険相談窓口ほど、身近なところに店舗があって相談者としては便利というのがポイントのひとつ。しかし、店舗を多く展開しているということは、それだけ実績も多いという証拠でもあります。

考えてみてください。商業施設のなかでも路面店でも、その店舗をテナントとして借りているわけですから家賃が生じます。その額以上に売り上げを出さなければつぶれてしまうわけですから、当然実績を上げているわけです。相談しやすいファイナンシャルプランナーがそろっているということも裏付けされます。

成約件数や成約率が高い

相談者が多くても、成約しなければ何のために相談しているのかわかりませんよね。当然、成約数が多い保険相談窓口を選ぶべきでしょう。成約数が多いほど、信頼できるファイナンシャルプランナーがいるという証でもあります。

また、成約率の高さをアピールしているところもあります。こうした窓口も要チェックです。

豊富な保険商品を扱っている

保険会社にとらわれず、多種多様な商品を扱っていることもポイント。それだけ相談者に適した商品が見つかりやすくなりますし、相談者が比較して選ぶことも可能になります。

保険は内容が難しく違いが何かも分からない商品もあります。その違いを見極めて提案できるというだけでも信頼できるのではないでしょうか。

pagetop
便利でおすすめな保険相談ランキング