HOME » 無料の保険相談窓口を活用しよう » 相談の流れをカクニン!

相談の流れをカクニン!

一般的な保険相談の流れ

保険相談の流れは、相談者のケースによってさまざまなですが、大まかには「相談員(FPなど)によるヒアリング」→「シミュレーション」→「保険商品の提案」というのが主です。

ここでは「ほけんの窓口」を一例に、保険相談の流れを具体的に紹介しましょう。

流れ1:保険相談員がヒアリング

個別のスペースで、ファイナンシャルプランナー(FP)などの保険相談員がヒアリングを実施します。

ヒアリングで聞かれる内容は、相談者の年齢や職業、家族構成、将来のライフプランなどが主です。保険に対する疑問や質問など相談したい内容についても、ヒアリングの際に聞かれますし、相談員は保険のプロですから適切な回答も得られることでしょう。

また、現在加入している保険があれば、保険証書も持参しましょう。

流れ2:シミュレーション

ヒアリングの内容をもとに、将来、いつ、どんな場面で、どれだけのお金が必要になるかといったことを、具体的にシミュレーションを行い算出してくれます。

そのうえで、必要な保障額と公的な保障制度だけでは足りない分などを細かく算出してくれます。

現在加入している保険があれば、その保障額を見比べて過不足がないかを分析してくれます。

流れ3:保険商品の提案

シミュレーションの内容をもとに、最適な商品を提案してくれます。

保険相談会社は、複数の保険会社と提携しており、例えば「ほけんの窓口」では約35社の商品と見比べながら相談者が選ぶことも可能です。

流れ4:保険に加入or辞退

納得のいく商品が見つかれば、その場で保険に加入できます。もちろん、納得できないケースもあるでしょう。その場合、キャンセルすることも可能です。

相談料やキャンセル料なども無料ですから、「自分の適した保険商品を確認したい」「いま加入している保険が本当に適したものなのか分析してほしい」というだけの相談でも受けられます。

流れ5:アフターケア

年齢や家族構成などライフスタイルの変化にあわせて、保険も変更していくのが得策です。

ほけんの窓口をはじめ、保険相談各社ではアフターケアにも力を入れています。

例えば、各種変更手続きの代行、給付金や保険金の請求取り次ぎなどにも対応。加入者が忘れていてもサポートしてくれるので、とても頼りがあって安心です。

pagetop
便利でおすすめな保険相談ランキング