がん保険

がん保険の選び方のポイント

がん保険とは、文字通りがんに特化した保険です。

がんの治療費は高額になることが多いため、保障内容も、他の病気で保障される医療保険よりも手厚いのが特徴です。

例えば、入院や手術だけでなく通院治療においても保障される商品(または特約)もありますし、放射線治療や抗がん剤による治療も保障されるものもあります。

医療技術の進歩によって、がんは治せる病気になってきています。これに応じて、がん保険も以前とは保障内容が変わってきていますのでチェックしてみましょう。

がん保険の種類

定期型と終身型について

医療保険と同じく、がん保険にも「定期がん保険」と「終身がん保険」があります。

定期がん保険は、ある一定の期間中にがんになった際に保証してくれる、掛け捨て型の保険のため終身タイプより安く、がんになるかわからないけど保障内容を手厚くしたいと考えている方に適しています。

これに対して終身がん保険は、亡くなるまで保障が受けられる保険で、若いうちから老後に備えたいという方に向いています。

なお、がん保険の場合は圧倒的に「定期がん保険」を選ぶ方が多いのが実情のようです。

保障内容で分類したがん保険の種類

がん保険は、保障内容によってもいくつかのタイプに分かれますので紹介しましょう。

●入院給付金型
入院給付金(入院した日数×1日の給付金額)をもとに、診断給付金、手術給付金などを付けて保障額が決まるタイプで、もっともポピュラーな保険です。特約の選び方や、保険期間や保険料払込期間などが選べるなど、選択肢が多いことも特徴です。

●実損補填型
健康保険の自己負担額など、がん治療にかかった費用を全額支払ってくれる保険です。ただし、多くの保険商品では上限が定められていますので、選ぶ際には上限額がいくらかもチェックしておきましょう。また、自由診療についても補償される商品もあります。

●診断給付金型
診断給付金のみが支払われるがん保険です。入院給付金や手術給付金はありませんが、最初(がんと診断された際)にまとまったお金が支払われるため、先に費用を確保したい方に適した商品です。

がん保険の見直しのポイント

医療技術の進歩とともに、がんの治療方法も多様化しています。これに対して、がん保険の保障内容も変わってきており、以前のがん保険のままだと保障されないということも出ているようです。

例えば、1980年代の保険商品には診断給付金はありませんでしたし、ほんの10年くらい前でも通院保障や抗がん剤治療への保障がないものがほとんどでした。

こうした点からも、万一に備えて見直しをすることが大切です。

見直す際に注意しなければいけないのが、切り替えの際には「90日の免責期間」があること。これは、がん保険特有の特徴で、新しい保険に加入しても90日間は保障されないという取り決めがあるのです。

前の保険を3カ月継続するなど、専門家と相談しながら決めることをお勧めします。

pagetop
便利でおすすめな保険相談ランキング