HOME » おもな保険の選び方まとめ » 自動車保険

自動車保険

自動車保険の選び方のポイント

自動車保険とは、自動車事故によって発生した損害を補償する保険です。最近は、テレビやラジオのCMでも多くの保険会社・商品が紹介されており、どれを選べばよいのか迷っている方も多いと思います。自動車保険の選び方は、「保険料」と「補償内容・サービス」のバランスを見ること。つまり、同じ補償内容の商品を比べて安いものに入った方が得だということですね。

自動車保険の種類

自動車保険は、大きく「自賠責保険」と「任意保険」に分けられます。自賠責保険は、車の購入や車検の際に加入する強制保険です。一方、任意保険は保障内容によってさまざまな種類があります。ここで、いくつか紹介しましょう。

任意保険の種類

●対人賠償保険
交通事故で同乗者や歩行者をケガまたは死亡させた際、自賠責保険を超える分に対して支払われる保険です。なお、ここで定めている「同乗者や歩行者」とは、運転手や家族(父母・配偶者・子)は除きます。また、事故で壊したモノ(相手の車や建物など)についても補償外です。

●対物賠償保険
交通事故でモノに対する損害賠償を補償する保険です。衝突事故で壊れた相手の車、建物に車を突っ込ませてしまった場合などの直接被害や、店舗を破損して営業上の損失を出してしまうなど間接被害についても補償します。なお、自分の家やガレージを破損しても補償されません。

●搭乗者傷害保険
自分(運転者)や同乗者がケガをした際に補償される保険です。保険金はケガの具合で決まっている定額補償タイプと、治療の日数などから算出される補償のタイプがあります。

●人身傷害補償保険
搭乗者傷害保険よりも、自分(運転者)を手厚く守る保険として、最近注目を集めている保険です。例えば、事故過失の割合に関係なく事故調査や示談を待たずに保険金が受け取れる点では、搭乗者傷害保険よりも良いとされます。搭乗者傷害保険と合わせて加入できますし、どちらか一方でも可能です。

●自損事故保険
電柱にぶつかって自分の車を壊したりケガをしたなど、相手のいない事故(対人賠償保険が使えないケース)に対して補償される保険です。なお、人身傷害補償保険でカバーできることもあるため、この保険を外す方も多いようです。

●無保険車傷害保険
相手のほうの過失割合が高い交通事故で、相手方の保険では不十分な場合に自分を補償してくれる保険です。当て逃げ・ひき逃げなどにも適用されます。

●車両保険
文字通り、車両にかけられる保険です。商品によっては事故だけでなく、イタズラによる破損、盗難なども補償されます。

自動車保険の保険相談や見直しのポイント

最近よく耳にする「ダイレクト型自動車保険」。ネットや電話で契約できる利便性に加え、代理店型の保険よりも安くなるとして人気が高まっています。コストだけを見るならば、ダイレクト型の自動車保険への切り替えを検討するとよいでしょう。

ただし、さきほど「自動車保険の種類」で紹介した内容をしっかり理解しておくことが大前提。保険料が安くても万一のときに補償されなければ、元も子もありません。不安な方は代理店型のほうがオススメです。

また保険料の比較をする際は、ネットで比較検索できるポータルサイトを使うのがオススメ。一括見積もりを依頼できるので、一社ごとに見積もりを取るよりもとても便利です。こうしたサイトを上手に使うことが、自動車保険を賢く見直すテクニックですよ。

⇒直接一括見積もりができる自動車保険比較サイトはこちら

pagetop
便利でおすすめな保険相談ランキング