HOME » おもな保険の選び方まとめ » 自転車保険

自転車保険

自転車保険の選び方のポイント

自転車保険とは、自転車事故によるケガや対人・対物賠償などを補償する保険です。

自転車に乗る方でも聞きなれない保険かもしれません。しかし、ここ数年、自転車による交通事故が増えているとともに、加害者が高額賠償を命じる裁判の判決例もあることなどから、加入を義務化している自治体もあります。

こうしたことから、自転車保険の選び方としては、対人賠償を重視しているものを選ぶのが無難です。もちろん、自分に対するケガなどへの補償も選ぶ際には確認したいポイントでしょう。

これに加え、示談交渉サービスも充実しているものも検討したいポイント。加害者のフリをした「あたり屋」も増えているそうなので、弁護士費用等補償がついた保険商品を選ぶのも賢明かもしれません。

自転車保険の種類

自転車保険でもっとも知られているのは、TSマーク付帯保険でしょう。自転車を購入する際、任意で付けるか聞かれた方もいらっしゃると思います。
これに加え、自転車保険は各社さまざまな補償内容で提供しています。

また保険会社によっては、自動車保険などの「個人賠償責任特約」として扱っているところもあるようです。

●TSマーク付帯保険
TSマークは安全が認められた自転車に対して貼られるマーク。いわば自転車の車検みたいなものです。これは自転車販売店で行われますが、その際「TSマーク付帯保険」にも加入できます。最高5,000万円までの損害賠償が補償されます。

●各社の自転車保険
自転車販売店以外で加入できる保険を、ここでは「各社の自転車保険」とまとめました。補償内容は多岐にわたり、自転車事故のみに特化した保険もあれば、交通事故全般に対応している保険、さらにレジャーなどでケガした場合にも対応しているものなど、さまざまです。

●個人賠償責任保険
自動車保険や火災保険などの特約として提供されているものです。個人賠償特約の付いた保険に加入していることが前提となっており、対人・対物補償など1億円付けられる特約もあります。

自転車保険の見直しのポイント

「自転車保険の選び方のポイント」でも述べた通り、対人賠償の内容がまず第一です。できれば1億円は見ておきたいところです

また、気軽に入れる点もポイントのひとつにしたいところ。個人賠償責任保険なら、自動車保険や火災保険の特約をつけるだけですし、大手コンビニ会社の提供する商品なら、近くの店頭で加入できるといった気軽さもポイントでしょう。

pagetop
便利でおすすめな保険相談ランキング