学資保険

学資保険の選び方のポイント

学資保険とは、子どもの教育費を補助することを目的とした保険です。入学金など資金が必要になるときに給付金(祝金など)が受け取れるほか、万一のことが親にあった際には保険料が免除になるなど、さまざまなメリットがあります。

学資保険の選び方で大切なことは、加入する目的を決めることです。学資保険には、大きく「貯蓄型」と「保障型」の2つのタイプがあります。教育資金を貯めることが主であれば貯蓄型となりますし、万一の保障を重視したいのであれば保障型を選ぶことになります。

また、商品によっては「いつ使う」という目的で決められることもあります。例えば、大学進学の資金として活用したい、中学・高校と進学するたびに使いたいなどの目的を設定することで、貯蓄する期間や適した商品がわかってきます。

学資保険の種類

上述の通り、学資保険をタイプ別に見ると「貯蓄型」と「保障型」に分かれます。

●貯蓄型
教育資金を貯めることを主とした保険です。保障型と比べ保険料は少なく、また満期時に受け取れる給付金が多いことから、元本割れをできるだけ避けたい方に向いている保険といえるでしょう。給付金は「返戻率(利回り)」で変わってきますから、返戻率の高さをチェックするのがポイントです。
ただし、親や子どもに万一のことがあった場合、基本的には入院保障・死亡保障がつきません(商品によって、最低限の保障があるものもありますが返戻率は低くなります)。このほか、親がなくなったら払い込みが免除されるといった保障はついています。

●保障型
教育資金を貯めることに加え、子どもの医療保障や親の高度障害保障や死亡保障などもついている保険です(商品によっては子どもの死亡保障がついているものもあります)。当然、保険料は貯蓄型より高くなりますし、逆に給付金は低くなります。
ただ、親に万一のことがあったときに給付金のほかにも年金形式で「育英年金」が受け取れます。保障型を選ぶ際には、親が加入している生命保険とも比べながら検討するとよいでしょう。

学資保険の見直しのポイント

学資保険はあくまで教育資金を貯めて、必要な時にできるだけ多くの給付金を得ることが主目的でしょうから、返戻率のいいものがあれば切り替えることも検討すべきでしょう。また、家計状況によっても見直しをする必要性が現実問題あると思います。例えば、親の収入が加入時に想定したときよりもアップしなければ、保険料の安い商品に切り替えることも考えるべきでしょうし、保障は付けておきたいという方であれば「貯蓄型+共済」と別の商品を付けること方もいらっしゃいます。
家庭によって状況は違いますし、お悩みの方は専門家に相談してみるのも一手でしょう。

pagetop
便利でおすすめな保険相談ランキング