HOME » おもな保険の選び方まとめ » 火災保険・地震保険

火災保険・地震保険

火災保険・地震保険の選び方のポイント

火災保険とは、火災・落雷やガス爆発などにともなう火災などで建物に損害を受けたときの補償を目的とした保険です。建物だけでなく、家財道具も保障する「家財保険」もあり、一式で加入することも可能です。

火災保険の選び方は、補償範囲で決まります。家財道具も含みたいというケースのほかにも、水害による被害、盗難被害、給排水設備の故障で水漏れが生じた場合の被害なども含めた商品もあります。

ただし、地震による火災については火災保険のみでは補償されず、別途地震保険に加入する必要があります。なお、地震保険は火災保険と一式で加入することになりますので、選び方のポイントとしては保険会社が地震保険を扱っているか否かという点になります。

火災保険の種類

火災保険を補償範囲で区別すると、以下の3つに大きく分けられます。

●住宅火災保険
もっともシンプルな火災保険です。補償範囲は火災、落雷、ガス爆発、風、ひょう、雪災による被害に対して保険金が支払われます。例えば、落雷で屋根に穴が開いた、ガス漏れによる爆発で窓ガラスが割れたといったケースなどが補償されるケースです。

●住宅総合保険
住宅火災保険の補償範囲に加え、水災、盗難、外来物の落下・衝突、水濡れなど幅広い被害ケースに対応できる保険です。例えば、台風や集中豪雨で床下・床上浸水した、台風によって屋根が飛ばされた、自動車が突っ込んできて建物に被害が生じた、泥棒が侵入する際に窓ガラスやドアの損壊、また盗難品に対する補償…なども含まれます。

●オールリスクタイプ
保険会社によって、住宅総合保険ではまかなえないケースにも対応する商品が次々と登場しています。補償範囲は各社によって多種多様です。例えば、火災や水害による被害の修理や再建に対し、実際にかかった費用を補償するタイプのものや、建物の取り壊し・撤去にかかる費用など細かなニーズにも対応する商品も出ています。

火災保険・地震保険の見直しのポイント

当然のことながら、住んでいる建物が変われば見直しが必要になります。

また、長年住んでいる一戸建てを増改築する際にも、建物の評価額が変わることから見直しすることになります。

このほか、上述のオールリスクタイプのようなものも出ていますので、本当に必要な補償範囲を改めて確認することで保険商品・保険料の見直しもできるでしょう。

最近では適用期間が長いものほど割安になる商品も出ていますので、更新時期になったら改めて確認するのもよいでしょう。

なお、地震保険についてはどの保険会社も同じです。これは、地震保険が公共性の高い保険であり、国と保険会社が共同で運営しているため。保険料は、建物の種類(木造・鉄骨・鉄筋コンクリートなど)と、地域(都道府県)によって異なります。

pagetop
便利でおすすめな保険相談ランキング