HOME » おもな保険の選び方まとめ » ペット保険

ペット保険

ペット保険の選び方のポイント

ペット保険とは、ペットが万一ケガや病気になったときに、治療費として給付してくれるペット専用の保険です。

ペットには、人間のように健康保険がないため、手術を必要とする病気にかかれば治療費に何十万円もかかります。こうした費用の一部または全額を負担してくれるのがペット保険です。

多くの保険会社では、犬と猫に関しての保険は備えていますが、なかには鳥やウサギ、爬虫類などの商品を扱っているところもあります。また、補償内容も通院・入院・手術のほか、他人に噛みついたときの賠償責任やセレモニー(葬儀)などのオプションをつけているところもあり、こうした点を見極めることも選び方のポイントでしょう。

ペット保険の種類

ここでは、ペット保険を補償金の種類でわけています。

●定率補償型
実際の治療費に対して一定率の分が給付される保険です。一定率は各社によって違い、50%~70%が一般的。例えば、定率50%の保険加入者で治療費が30万円かかった場合、15万円が支給されます。会社によっては80%、90%というところもありますが、支払額には上限が定められているため限度額の確認も必要です。

●定額補償型
実際の治療費に関係なく、ケガや病気の度合いに適した規定の補償額を給付する保険です。人間でいう医療保険に似ており、通院1日いくら、入院でいくらといったような計算で給付されます。ケガや病気の少ないペットには適した商品です。

●実額補償型
実際の治療費の分を全額補償してくれる保険です。全額なので万一のときには安心ですが、支払額には上限が定められていますので、その点は確認しておきたいところ。また、定率補償など他の保険より保険料が高くなります。

ペット保険の見直しのポイント

ペット保険の見直しポイントは、一定率の割合(補償割合)と限度額がポイントとなるでしょう。一定率が高くても上限が低く抑えられていたら、自己負担の割合が高くなるだけです。

また、見直しをする際に注意しなければいけないのが、「待機期間」です。これはペット保険特有の制度で、公平な保険制度を維持するために必要なもの。この待機期間は、各社によって1カ月のところもあれば数カ月設けているところもあります。

保険を見直す際は、新しい保険がいつから適用されるのか確認することも重要です。

pagetop
便利でおすすめな保険相談ランキング