40~50代

40代、50代が選ぶ保険と見直すタイミングとは?

働き盛りの40代、50代。一家の大黒柱であると同時に、会社でも責任のあるポジションに着く年代でもあります。一方で、病気にも気になり、老後の備えも検討しなければならないのもこの年代。出費と保険の保障が気になる40代、50代の方にとって、保険の見直しタイミングや加入を検討しておきたい保険商品を案内します。

子どもの進学する際に見直しを検討したい保険

子どもが高校や大学に進学するときには、入学金や授業料など教育資金に多くの出費を伴います。特に入学する年には、収入より出費が一時的に多くなることもあるでしょう。これに備えて、定期保険や医療保険を見直して節約することも大切。子どもが小さいときは、その後の養育費がかかるため手厚い保障が必要ですが、成長するたびに、保障内容を抑えた商品に変えるなど保険見直しのポイントです。

子どもが社会人になったら見直しを検討したい保険

子どもが就職して巣立っていくときも、保険を見直すタイミングです。高額の死亡保障は必要なくなる一方、自らの老後に向けて備えていくことが求められます。死亡保障と貯蓄も備えた終身保険や、個人年金保険などを検討しましょう。また、医療保障も生活習慣病や介護などの保障を備えた終身タイプの商品に変更することも検討するとよいでしょう。

独身・夫婦のみの方が見直しを検討したい保険

40代、50代の独身の方や夫婦のみの方でも、万一の時に自分や相手が困らないよう保険を選び直すタイミングでもあります。例えば医療保険なら、この年代になると生活習慣病や女性疾患のリスクに備えた商品を検討すべきでしょう。死亡保障は、葬儀代など残された方が必要とする資金が確保できるものを選びます。また、老後への備えも見直しのポイントに。死亡保障と貯蓄も備えた終身保険や、個人年金保険などを検討しましょう。

親の扶養・介護が必要な方が見直しを検討したい保険

自分の老後だけでなく、すでに老後を迎えている親の扶養や介護が必要な方も多くなっています。子どもが社会人になっても高齢の親がいらっしゃる場合、自分に万一のことがあったときのために保障内容を検討することも必要でしょう。あわせて介護保険も、公的な保障内容だけで足りるかどうかも見越して、ファイナンシャルプランナーに相談するのもよいかもしれません。

pagetop
便利でおすすめな保険相談ランキング