60代~退職後

60代、退職後の方が選ぶ保険と見直すタイミングとは?

長年勤めていた会社を退職する際、あるいは個人事業をしている方が現場の第一線から身を引くときなど、60代を迎えた後も保険を見直すタイミングがあります。セカンドライフを有意義に過ごすために必要な保険の見直しタイミングや、加入を検討しておきたい保険商品を案内します。

定年前の方が見直しを検討したい保険

老後に必要な生活費は月額22万円、ゆとりある老後を考えているなら月額36万円が必要という調査結果があります。

公的年金だけでは、とても足りないのが実情。退職金や貯蓄の切り崩しで果たして賄えるのかを検討しましょう。場合によっては、出費となる保険の見直しも必要です。ファイナンシャルプランナーなど専門家に相談するのも一手。豊かなセカンドライフを送るためにも、生活費がきっちり確保できるよう検討していく時期でもあります。

退職後、見直しを検討したい保険

退職後は、これまで以上に「かけるべきところにはかけ、かけなくていいものは切り捨てる」という保険の見直しをしていきます。

まず、かけるべきところは医療保険です。がんや先進医療が必要な病にかかりやすい年代です。高額な医療費が必要になる病にかかった場合、手術費用はいくら必要か、入院したらいくら必要か…と具体的に算出しながら検討していきましょう。

こうした医療保険にすでに加入している方は、無理のない程度で継続することをお勧めします。逆にかけなくていいのは高額の死亡保障です。葬儀代など残された方が必要とする資金が確保できるものを選びます。

資産運用、相続対策に保険を利用することも

資産運用の一つとして、保険を活用する方が増えているようです。

例えば一時払いの個人年金保険。退職金などまとまったお金を支払った後、公的年金のように保険金が受け取れるというもので、退職金の資金運用として人気が出ています。

また、一時払いの終身保険を活用して相続対策を行う人もいらっしゃいます。こちらも、退職金のようにまとまったお金を運用し、亡くなった際には運用益を含めた保険金が受け取れるというしくみで、相続税対策にもつながるとして活用する方が増えているようです。

pagetop
便利でおすすめな保険相談ランキング