HOME » 保険見直しのタイミングとポイントをわかりやすく解説 » 【番外】来店型と訪問型、どう違うの?

【番外】来店型と訪問型、どう違うの?

保険相談の業態には、保険ショップと言われる「来店型」と、自宅や職場の近くなど指定の場所に販売員が来てくれる「訪問型」があります。これらのメリット・デメリットについて紹介しましょう。

来店型保険相談の特徴

来店型の保険相談にも、大きく2つのタイプに分けられます。それは、複数の保険会社の商品を扱っているか、一社専属で扱っているかという違いです。

複数の保険会社の商品を扱っている会社であれば、それだけ選択の幅が広がりますし、自分に最適な商品を見つけやすくなります。一方、一社専属の場合は選択肢が狭まりますので、「この会社で探したい」と保険会社をあらかじめ決めている方には適しているでしょう。

また、お店には保険商品の詳細資料がたくさんあるため、適切な商品をすぐに提案してくれることや、パソコンを使って家計のシミュレーションがその場でできる点も、来店型のメリットでしょう。一方、相談者はわざわざ窓口まで足を運ばなければならず、忙しい方には向いていないかもしれません。

訪問型保険相談の特徴

来店型と同じく、訪問型の保険相談にも複数の保険会社を紹介できるところと、一社専属のところの2タイプがありますが、前者(複数社の商品を扱っているところ)のほうが多いのが特徴です。お店はありませんから、どの保険会社の商品を扱っているかといった情報はホームページなどで調べることでわかります。

さて、訪問型のいちばんの特徴は、自分の指定した場所や日時に販売員が来てくれることでしょう。自宅でも職場近くの喫茶店でも、どこでも訪問してくれますので、忙しい方にも適しています。また、お店の運営費や余計な人件費がかからないことから、来店型より安く提供しているところもあるようです。一方で、保険商品をすぐに提案できないといった点はデメリットでしょう。すぐに契約したいという方には、来店型のほうが得策です。

一括見積もりサイトの活用法

来店型、訪問型に加え、最近ではネットを使って自分で見積もりの比較ができる「一括見積もりサイト」もあります。

当然のことですが、すべての一括見積サイトは複数の保険会社の商品を見ることができます。条件などを記入して検索すれば、適切な商品と保険料などの情報がパソコンで見られますので、各社の資料を取り寄せたり、誰かに相談や交渉をするといった手間を省けることもメリットでしょう。

一方で、契約は店舗や訪問してもらうなど別途必要ですので、あくまで比較するためのツールとして活用することになります。

pagetop
便利でおすすめな保険相談ランキング